JCB THE CLASS の必要性を考えてみる

素朴な疑問ですが各家庭や個人に影響するところが大半なので人によって必要か不必要かが変わってくるかと思います。ただその判断ができるように順番に紐解いていきます。

他の JCB カードとの比較

抜粋です。※が付いてるのは利用付帯です(そのカードで旅行費用を支払った場合に適用)。詳細は JCB ホームページをご覧ください。

海外保険

ゴールドゴールド
ザ・プレミア
JCBプラチナJCB ザ・クラス
死亡・後遺障害5,000万円
1億円※
5,000万円
1億円※
1億円1億円
治療費用300万円300万円1,000万円1,000万円
賠償責任1億円1億円1億円1億円
携行品障害50万円50万円100万円100万円
救援者費用等400万円400万円1,000万円1,000万円

国内旅行

ゴールドゴールド
ザ・プレミア
プラチナザ・クラス
死亡・後遺障害5,000万円5,000万円1億円1億円
入院日額5,000円5,000円5,000円5,000円
通院日額2,000円2,000円2,000円2,000円

特典

ゴールドゴールド
ザ・プレミア
プラチナザ・クラス
空港カードラウンジ
同伴者無料

同伴者無料
会員情報誌
ドクターダイレクト24
プライオリティパス
同伴者無料
ダイニング30
※グルメ割引サービス
プレミアムステイプラン
スイートルームプラン
グルメルジュ
JCBラウンジ京都
グルメ・ベネフィット
USJラウンジ
メンバーズ・セレクション
ディズニーリゾートラウンジ
ゴルファー保険
一匙(ひとさじ)
コンシェルジュデスクゴールド専用ザ・プレミア専用プラチナ専用ザ・クラス専用
利用可能枠50万円~300万円50万円~300万円150万円~350万円~
年会費(税抜き)10,000円15,000円25,000円50,000円

値段の差はどこで出てるか

ゴールドとプラチナの差

ゴールドおよびザ・プレミアとプラチナ、両者の差は保険の充実具合です。ゴールドカードの場合海外の治療費は300万円程度ですが、最悪の場合不足する可能性がありますので気を付けましょう。プラチナ以上ですと1,000万円程度ありますので必要十分な感じです。ゴールドカードだけですと無保険で海外行くのは不安ですね(家族カードを持てない子どもも一緒に行く際はザ・クラスでも不安ですが)。

また特典にも差があり、個人的にうれしいのが空港のカードラウンジに子どもも無料で入れることですね。保険やカードラウンジが倍増していることを考えれば、ゴールドカードの倍の価値があるんじゃないかなと思います。(一人で行く分には不要かと思いますが)

プライオリティパスも含めると倍以上の価値があるので、海外に行く方にとっては普通にお得かと思います。(海外に行かないと特にメリットはないかと…)

プラチナとザクラスの差

25,000円の差がありますがメンバーズセレクションが主な差になります。ディズニーチケットやUSJチケット、ほかにも様々な商品をもらうことができます。

もし欲しいもの(ディズニーやUSJなど)があれば実質無料でザクラスにアップグレードできるという感じになります。ディズニー行かないとか、年一回のカタログギフトが不要という方にはお勧めできないかもしれません。

まとめ

ゴールドをプラチナに上げるかどうかは飛行機を利用したり海外に行くかどうかで決まるかと思います。子どもがいれば空港のカードラウンジに同伴者無料で入れるプラチナは非常に便利なので入ってもいいと思います。

プラチナをザ・クラスに上げるかどうかですが、もうこれはメンバーズセレクションに欲しいものがあるかどうかに大きく左右されるかと思われます。常に欲しいものが入っていれば実質無料な感覚でアップグレードできます。あとはディズニーラウンジに興味があるかなどですね。プラチナやザ・クラスの年会費を単純に見れば高いって思うんですが、特典などを細かく見ていけば妥当な価格設定だと思います。それを踏まえて自分の行動パターンなどを考慮して必要、不必要を判断されればいいのではないでしょうか?

ちなみに個人的には海外に行きますし(今はコロナ禍で行けませんが)、ディズニーリゾートにも最低年1回は行きますのでザ・クラスは有用だと思いインビテーションをお受けしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。